結婚式の費用って?

結婚式

結婚式にかかる費用には、大きく分けて挙式に必要なお金と披露宴に必要なお金があります。

挙式には神前式や教会式、人前式などがあり、それぞれの挙式スタイルや規模、式場の種類などによって金額には差が出てくるのが普通です。

専門の結婚式場などでは、挙式から披露宴までのトータルプランなどが用意されているところもあります。

結婚式の費用の項目はそれぞれの式場によって異なりますが、

  • ・会場費
  • ・飲食費
  • ・衣裳代
  • ・会場装花代
  • ・ペーパーアイテム代
  • ・引き出物
  • ・演出費
  • ・写真及び映像代

などがあります。

式場を見学した際などにもらう見積には基本的な項目が含まれているプランになっていますが、装花や料理をランクアップしたり、演出を追加したりすると見積額もアップします。

和装

衣装代は選ぶ衣装によって費用が異なることも多く、洋装よりも和装の方が価格は高めです。

ただし、ウェディングドレスの中にはインポート物や有名デザイナーがデザインしたものなどもあり、その場合には価格は高くなります。

また、お色直しを行うと着用する衣装が増えるので費用も増えますが、パッケージプランの中にお色直しの分まで含まれているところもあるようです。

衣装を自分でオーダーしたり、式場とは別のドレスショップから持ち込む場合もありますが、その際には持ち込み量が必要になるところもあります。

持ち込み自体が禁止されているところもあるので、事前に確認することが重要です。

ビデオ

それから写真やビデオをどうするのかによっても費用は変わってきます。

新郎新婦の写真を前撮りする場合には、別の日にヘアメイクや着付け、写真撮影を行わなければいけないので金額は高くなります。

アルバム制作やビデオ撮影などもあります。

プロに依頼するとクオリティの高い写真やビデオを記念に残すことができますが、その分価格は高くなります。

オープニングムービーやプロフィールムービー、エンディングムービーなどを制作する際も同様です。

節約しようと、自分たちでプロフィールムービーやエンディングムービーを制作するカップルもいます。

招待状や席次表、席札などのペーパーアイテムは手作りするカップルも多く、専門業者に頼まないことで節約することができます。

ただし、失敗を繰り返して新しく購入しなければならず、思いのほかお金がかかったというケースも少なくありません。

事前にゲストの名前に使われている漢字を間違えないように確認したり、会社の役職を確認するといった作業も必要になります。

カレンダー

結婚式場の中には、式を挙げる日程によって金額が変わるところも多くあります。

天気が安定しているシーズンなどは人気がありますし、平日よりも土曜日や日曜日など休暇を取りやすい日の方が人気があります。

また、大安や友引なども縁起の良い日とされているので、価格が高めに設定されてる場合も多くみられます。

できるだけ費用を抑えたいという時には、人気のある日を避けることで価格を下げられることもあります。

 

結婚式の関連記事→結婚式の準備