バドバー ビール・発泡酒

バドバー ビール

バドバーはチェコ原産の歴史のあるピルスナービールです。

口当たりが良く発泡酒と間違うほどの軽さを持ち飲みやすさが特徴ですが、アルコール度数は比較的高く、昔から地元の人に愛されているものです。

その歴史は非常に古く、今から約800年前の1265年まで遡ります。

当時のボヘミア国の国王が地域の飲み物として各家庭に作らせたものが期限となり、多くの家庭で自家製のビールを映像したところから始まります。

その後100年を経て1351年に商品としてのビールが登場し、当時のボヘミア国の主要な生産物として隣接するチェコ共和国を始め世界中に広がっていったのがバドバーの起源となっています。

地下水

その味わいの大きな特徴は地下300メートルから汲み上げた地下水を利用した醸造方法にあります。

一般的にビールを醸造する場合これに使用する水は蒸留水を使用することが多いのですが、バドバーの場合には地下300メートルから汲み上げた地下水を利用することで、地下水独特の濃厚な味わいをその独特な風味に加えることに成功しています。

通常このような天然水を使用した場合その癖がビール自身の味と対立しすっきりとしないものとなってしまうことが少なくありません。

また発泡酒等の軽めの味の場合にはなおさら本来の味を邪魔してしまうことが多いのです。

しかし、この地域の地下水は非常にミネラルが豊富でまた軽い味わいとなっているため、材料の味を引き立てるのにひと役買っているものとなっています。

通常のビールの場合には麦とホップがその味の基本を決定付けます。

そのためしっかりとした味わいを得るためには麦とホップの量を多くしその味をしっかりさせることが必要ですが、これと同時に軽さも失われていきます。

しっかりとした味わいを好む人には良いものですがすっきりとした味わいを好む人にとっては、麦とホップの量が多いものは非常に重く感じてしまい、発泡酒の方が好まれるようになっています。

しかし発泡酒の場合には本来の麦とホップの量が非常に少ないため味わいが軽くなりすぎるとともに本来の香りが立たないと言う問題があり、この種のお酒としては非常にその度合いが難しいものとなっています。

ビール

バドバーは800年も前に作られたものでありながら、非常に性質の良い地下水と独特の醸造方法により現代の人が求める味わいを実現している非常に珍しい飲料です。

それは現在の多くの人にも快く受け入れられるものであるため、現在でも本場のものが世界中で取引されており、その希少性から手に入れるのが困難になる場合も少なくありません。

様々なタイプのものが開発されている現代においても基本となる醸造方法を実現している点も大きな特徴です。

さらにバドバーが数世紀にわたって製造された地域の名称から商品名としてバドワイザーと言う名称を使用し始めました。

そのため現在のバドワイザーは古くから製造されたバドバーの製造方法を継承し独特の軽さと味わいを維持しているのです。

ビール酵母を多く含む食品

ビール

最近よく耳にするビール酵母とはどういうものなのでしょうか。

ビール酵母とは大麦から採った麦汁に単細胞の微生物をまぜ発酵させた酵母です。

ビールの原材料は大麦、ホップ、水ですが、これだけではビールにはならず、これに酵母を加えることで酵母が糖やアミノ酸を吸収し、アルコールや炭酸ガス、香味成分を作り出しビールが誕生します。

ビール酵母には多くの種類が存在し、酵母の種類によって様々な味が生まれ、栄養価も高く、アミノ酸や食物繊維、ビタミンB群や核酸、ミネラルなどを多く含んでおり、最近では粉末に加工されたものが発売されています。

隠し味のように料理の味を美味しくする効果があるため、アメリカではビーフエキスの代替え品として、日本では、だしやラーメンスープなどの調味料の原料としても利用されています。

大手ビールメーカーからは様々なサプリメントが発売されています。

活力サポートや栄養補給の効果があるもの、胃もたれや消化不良、おなかのはりに効くもの、有胞子性乳酸菌と48種類植物を合わせ毎日のお通じを整えるもの。

さらに料理に加える粉末サプリメントなど、ビールメーカーならではの商品がネットやドラッグストアーで購入出来ます。

大手ビールメーカー以外でも、多くのメーカーから様々なサプリメントが発売されており、錠剤のものからカプセルのものなど様々です。

ヨーグルト

粉末のビール酵母はヨーグルトに混ぜると腹もちが良いと言われ、ダイエット中の方を中心に注目されています。

パンは普通イースト菌を使い発酵させますが、ビール酵母はパンの発酵にもよく使われており、ビール酵母のような天然酵母を使うことで、小麦粉のうま味が引き立ちすっきりとした味わいのパンになります。

湘南にあるクラフトビールの蔵元では、ビールの製造工程でどうしてもロスとなってしまう酵母を上手に利用しています。

そちらではフランス小麦と国産小麦をブレンドし少な目の酵母をじっくりと長時間かけて発酵させ、甘味があり粉の香りがしっかりと感じられる美味しいパンを提供しています。

イタリアではピザ生地はピザの味を引き立たせるためにビールの酵母が必ず利用されます。

ピザ生地

ピザ生地はシンプルさがとても大切で、粉の風味や香ばしさを引き立たせるビールの酵母は相性が抜群です。

ビールの酵母を使ったピザは伸びがよく、ふんわりとした生地が特徴です。

ビールの酵母は素材の味を引き立て、栄養価も高く、健康にも良い魔法のような酵母です。

ビールと聞いただけでアルコールのイメージがあり、酔ってしまったり、味が苦いのではと思ってしまいますよね。

しかしパンを焼いた時点でアルコール分は飛ばされて死滅してしまうため、小さいお子さんでも安心して食べることが出来ます。

天然酵母を使ったパン屋さんを探したり、自宅でビールの酵母を使ってピザやパンを焼いて見てはいかがですか、

ネットで検索するとビールの酵母を使ったパン生地の作り方や、美味しい食べ方などもたくさん紹介されています。