77歳の誕生日に贈るプレゼントは何がいいの

プレゼント

喜寿は77歳のお祝いの行事です。

喜寿の名称の由来は、「喜」の草書体が上に「七」と書いて、下に「十七」と書くため、二つを合わせると「七十七」となることによります。

元来は数え年で77歳の年齢を指すため、満76歳のときにお祝いすることになります。

しかし、最近は定義があいまいな形で運用されています。喜寿をお祝いする際に、プレゼントをどうするか迷うものです。

還暦祝いでは「赤色」のちゃんちゃんこを渡すのが一般的ですし、70歳の古希祝いでは「紫色」のプレゼントを渡します。

このほか、米寿祝いでは「黄色」、白寿祝いでは「白色」が定番となっています。

それでは、喜寿はどのような色でお祝いするべきかという点には明確な見解があります。

紫

一般的には、「紫色」でお祝いすることになっています。

古希と同じ色ですが、元来紫色は位の高い方しか身に付けることができないものであり、70歳・77歳まで到達されたご年配の方へ敬意として紫色を使います。

それでは、プレゼントの定番商品がどのようなものがあるかという点で調査しますと、代表的なプレゼントとして次のようなものがあります。

ネーム入りメッセージカード・日本酒やシャンパンなどのお酒・花・旅行が挙げられます。以下では詳しく整理していきます。

まず、ネーム入りメッセージカードについてです。日頃の感謝の気持ちをお伝えするために有効な手段で考えられます。

親族からのメッセージであるため、もらう側の感激度合いは相当高くなります。

このメッセージに、似顔絵を書かれていたり、似顔絵つきケーキにメッセージを添える形で渡されると独自性が高まり、紫色を使うとよりよいでしょう。

酒

よくある定番ではお酒をプレゼントで渡すことです。日本酒や焼酎については馴染みが深く定番商品となっています。

もらう側の立場から見ると、純米大吟醸や焼酎などが紫色のものには、馴染みもなく珍しいものとして興味関心があるかもしれません。

また、このほかのよい商品としては甲府ヴァイオレットスパークリングも紫色で風変わりです。

花

次は、花についてです。花については、ドライフラワーを渡されるケースも散見されます。

一方、生花ではバラやユリなどが人気です。特に、年配の方には落ち着いた印象のユリは好感度が高く人気があります。

このほか、旅行をプレゼントされる事例も多くあります。喜寿のお祝いであるため、できる限り歩き回らない環境で利用できるものが好まれます。

その条件のなかで、温泉で心身ともにリフレッシュができる環境に行ければ理想的です。

以上のように、喜寿のお祝いにはさまざまなものが定番商品として選ばれています。お祝いの際には、紫色を活用すると行事にあったものとして大変喜ばれます。

また、旅行については、定番の候補をいくつか挙げて選択していただくことも一つの方法です。

一度しかできないお祝いです。日頃からの感謝の気持ちが伝わる手段はいずれかという点も考慮しつつ選択していただければきっと満足のいく結果が得られるでしょう。

 

おすすめの関連した記事∇喜寿のプレゼントの定番商品とは?