母の還暦祝いに贈っていいものといけないもの

プレゼント

長寿のお祝いには数えで61歳の還暦に始まり70歳の古稀・77歳の喜寿・88歳の米寿・そして99歳の白寿などがあります。

これに加えて80歳の傘寿・90歳の卒寿にお祝いをすることもあります。

昔は正月ごとに歳を取る数え年を使用していたため、お祝いも数え年でするのが習慣になっていました。

最近では満年齢で祝うことも多くなっていますが、還暦だけは必ず数え年でお祝いするのが通例になっています。

またお祝いする日は誕生日のほかにお正月や敬老の日など、みんなが集まりやすい祝日を選ぶ場合もあります。

還暦祝いは一般的には子供や孫・後輩・教え子などが祝宴を開いて本人を招待するというようなお祝いの仕方が多くなっています。

ただ現代の60歳は長寿というにはまだまだほど遠い年齢です。本格的に祝うのは古稀や喜寿くらいからでよいでしょう。

還暦というのは十干十二支が60年で一回りし61年目に自分が生まれた年と同じ干支の組み合わせに戻ることから、暦が還るという意味でつけられたものです。

また暦が一回りして赤ちゃんに戻るという考えから、魔よけの色でもある赤い品物を還暦祝いに贈りお祝いするしきたりが生まれてきました。

赤いちゃんちゃんこ

ですが現代では還暦祝いの定番と言われる赤い頭巾やちゃんちゃんこ・座布団などは今では、敬遠されつつあるようです。また盛大な祝宴なども避ける傾向になっています。

平均寿命が延びている現代では定年退職したからとはいえ、60歳はまだまだ隠居の年齢ではありません。現役で仕事を続ける人も増えてきています。

ですから自分の母親が還暦になった時には、普段より少し華やかに誕生日をお祝いするくらいのほうが自然かもしれません。

そしてこれからも元気に人生を楽しんでもらえるような還暦祝いを選ぶべきでしょう。昔からの定番商品は避けたほうが無難です。

たとえば明るい色の洋服や帽子などの小物類やアクセサリーや化粧品など。

ほかに趣味やおけいこごとの道具や旅行券・コンサートのチケットなど自分の母親の好みや趣味に合わせてというのも、好評を博している贈り物になっています。

金額の目安は1~2万円ぐらいですが高価な贈り物の場合などには、みんなでお金を出し合って贈るのが一般的になっています。

携帯電話

また、操作が簡単になっている高齢者向けの携帯電話やパソコンなども人気です。大変に使用するのが簡単になっている商品が市販されています。

いつまでも健康で生活してほしいという願いを込めて、ジョギングシューズを贈る人もいます。

還暦のお祝いはあくまで長寿のお祝いになりますが、母親にとって自分が年を取ってしまったと感じさせない贈り物がベストです。

それに加えてこれからも頑張って生きていくぞとやる気が出てくるような商品を選ぶようにしてください。

どうしても赤いものを贈ってお祝いをしたいと考えているのならば、同じ赤でも洋服など明るい赤から暗い赤までありますので明るい赤色で少しわかめのものを選ぶようにしましょう。

 

プレゼント選びの参考におすすめ記事→還暦祝いでお母さんが絶対に喜ぶプレゼント25選!【予算別】